Nexus Card(ネクサスカード)の審査に通りやすくする方法

【PR】本ページはプロモーションが含まれています。

https://pub.a8.net/a8v2/media/eyecatchBannerUrlAction.do?insId=s00000022442001
画像引用元:ネクサスカード公式サイト

Nexus Card(ネクサスカード)は、一般的なクレジットカードよりも審査が甘いとされるものの、必ず審査に通るわけではありません。審査に落ちてしまうと、せっかく申し込みをしたのにカードが発行されず、残念な思いをすることになります。

そこで、この記事では、Nexus Cardの審査に落ちる理由から、審査に通りやすくする方法をご紹介していきます。

Nexus Cardの審査に通りやすくする方法をご紹介!

申し込み資格を満たしているか確認する

Nexus Cardの申し込み資格は、以下のとおりです。

  • 満20歳以上の日本国内に住所を有する個人
  • 安定した収入または資産を有していること
  • 暴力団関係者等ではない

上記のいずれかの条件を満たしていない場合、審査に落ちてしまいます。

申し込み資格を満たしているか確認するためには、以下の手順で確認することができます。

  1. 申し込みフォームに必要事項を入力する
  2. 入力内容を確認する
  3. 「申し込み資格を確認する」ボタンをクリックする

「申し込み資格を確認する」ボタンをクリックすると、申し込み資格を満たしているか、画面に表示されます。

信用情報に問題がないか確認する

クレジットカードの審査では、申込者の信用情報が重要な判断材料となります。過去に支払いの遅延や滞納、債務整理などの金融事故を起こしていると、信用情報に問題があるとみなされ、審査に落ちる可能性があります。

信用情報に問題がないか確認するためには、以下の手順で確認することができます。

  1. 信用情報機関に開示請求する
  2. 開示された信用情報を確認する

信用情報機関の開示請求は、無料で行うことができます。信用情報機関のウェブサイトから、開示請求の申し込みを行うことができます。

開示された信用情報には、以下の情報が記載されています。

  • 氏名、生年月日、住所
  • 勤務先、年収
  • 過去の支払い履歴

信用情報に問題がある場合、カード会社に相談して、信用情報を改善する方法についてアドバイスを受けましょう。

多重申し込みを控える

短期間のうちに複数のクレジットカードに申し込むことを、多重申し込みといいます。多重申し込みをすると、カード会社は「資金繰りに困っているのではないか」「支払い能力に不安があるのではないか」と判断し、審査に不利になる可能性があります。

多重申し込みを控えるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 必要に応じて必要なクレジットカードを申し込む
  • 申し込みの時期を間隔をあけて行う
  • 虚偽の申告をしない

申込書に虚偽の申告をすると、審査に落ちるだけでなく、カードが発行された後も契約解除や強制退会などの措置が取られる可能性があります。

虚偽の申告をしないためには、以下の点に注意しましょう。

  • 申込書の記載内容は、正確に記入する
  • わからないことがあれば、カード会社に問い合わせる
  • 申込書に誤りや記入漏れがないかどうか確認する
  • 申込書に誤りや記入漏れがあると、審査に不利になる可能性があります。

申込書に誤りや記入漏れがないかどうか確認するためには、以下の点に注意しましょう。

  • 申込書を提出する前に、必ず内容を確認する
  • わからないことがあれば、カード会社に問い合わせる
  • 本人確認書類を早めに提出する
  • 本人確認書類の提出が遅れると、審査に不利になる可能性があります。

本人確認書類の提出を早めに行うためには、以下の点に注意しましょう。

  • 申し込み時に、本人確認書類を準備しておく
  • 申し込み後に、本人確認書類の提出をすぐに行う

これらの点を参考にして、Nexus Cardの審査に通りやすくしましょう。
また、審査に落ちてしまった場合も、落ちた理由をしっかりと確認して、改善するようにしましょう。