加瀬倉庫 解約した方がいい?気になる違約金は?

トランクルームを利用されている方はすでにご存じかも知れませんが、トランクルームを借りる場合は、必ず契約を結び、返却時には解約の手続きが必要になります。

もちろんこちらでご紹介している加瀬倉庫も同様です。

ですのでこの記事では、そんな加瀬倉庫の解約方法や注意しないといけない点、違約金などについてご説明していきます。

現在お得なキャンペーン実施中!最大1年間半額で利用できます!

解約するときのタイミングは重要です!

トランクルームを契約するときは慎重なのに解約する時のことを考えておられない方はたくさんおられます。

実際に解約時にトラブルになったケースもたくさんあります。

ですのでやはり解約方法や特に注意する点はあらかじめ知っておいたほうが絶対に良いでしょう。

以下では実際にトラブルになった具体例を挙げていきます。

月の途中で解約を申し入れたのに、翌月でないと解約できない

解約時のトラブルでよくあるのが月の途中で解約を申し入れたのに、翌月でないと解約できない場合です。

このような場合、使う予定がない翌月分の利用料まで支払わないといけなくなり、非常にもったいないです・・

とは言っても自分が気づいていないだけで契約書にはきっちり記載されていると思うのでご契約時にしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

加瀬倉庫も違約金のことはきっちり記載されているので契約する際はその点は念入りに確認しておいた方が絶対に安全です。

加瀬倉庫の解約手続きを分かりやすく解説!

まずはじめに加瀬倉庫の利用を解約するには以下のような「レンタルスペース解約届書」が必要になります。

上記のレンタルスペース解約届書に必要事項を記入します。

物件名や顧客コードの詳細は契約書を見ればすぐに分かるので、一つ一つ確認しながら間違いのないように記入しましょう。

またお荷物運搬サービスは別途費用が発生するので、利用する際には必ず問い合わせて、料金などを明確にしておいたほうがいいでしょう。

解約届書に記入し、押印後、FAX、郵送、メールのいずれかで提出します。

そして以外と忘れがちなのが、解約届書提出後、確認の電話をしない方がかなりいて、実際にこれが原因でトラブルになっておられる方がたくさんおられます・・

ですので解約書提出後は必ず確認の電話を入れるようにしましょう。

提出先は以下の通りです。

提出先
FAXの場合 045-474-1187(屋内型コンテナ)
045‐474-1167(屋内トランクルーム)
メールの場合 info3535@kasegroup.co.jp
郵送の場合 〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11加瀬ビル88 第二開発部

加瀬倉庫では解約予定月の現月末までに解約届出書を提出する必要があります。

そして届出完了後は解約月の末日までに荷物を出して、翌月の5日までに鍵を必ず返却しましょう。

鍵の送付先
郵送の場合 〒222-0033
神奈川県横浜市北区新横浜3-19-11加瀬ビル88 第二開発部

思わぬところで違約金が発生することがあります


違約金はご存じかもしれませんが、契約に違反した場合に支払うお金のことです。

トランクルームももちろん規約に基づいて契約が行われているので、規約はしっかり守りながら利用しなくてはいけません。

加瀬倉庫の場合、キャンペーン期間中に解約した場合などに違約金が発生してしまいます・・

ですのでそのような事態にならないためにも解約するタイミングは十分注意しておいた方がいいでしょう。

現在お得なキャンペーン実施中!最大1年間半額で利用できます!




こちらもおすすめ!
yuuki.newdomain.xyzyuuki.newdomain.xyz