トラスト ゲートウェイ ファクタリング利用者の本音の口コミを直接聞いてみました!

【PR】本ページはプロモーションが含まれています。

トラストゲートウェイのファクタリング利用者の本音の口コミを直接聞いてみました

トラストゲートウェイは、主にファクタリングサービスを提供する企業です。

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権(未回収の請求書)をファクタリング会社に売却することで、即座に現金化し、キャッシュフローを改善する手法です。

以下に、トラストゲートウェイに関する基本情報やメリット・デメリット、そしてトラストゲートウェイで実際に資金調達された方に直接話を聞いてみました。

トラストゲートウェイの基本情報

会社名 株式会社トラストゲートウェイ
設立年月 2017年8月
本社所在地 〒530-0013 大阪府大阪市北区天神橋筋1丁目5-33 なんばグランド花月ビル5F
資本金 1,000万円
代表取締役社長 川口 啓史氏
事業内容 ファクタリング
対象エリア 関西・九州エリア(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)
主な特長 ・最短即日で資金調達が可能
・審査通過率95%以上
・手数料3%~
・オンライン完結型
・2社間・3社間ファクタリング、医療債権ファクタリングにも対応

トラストゲートウェイは、九州・関西エリアに特化したファクタリング会社です。
迅速かつ柔軟な対応で、一般法人、個人事業主、医療系法人などを中心に利用されています。

オンライン完結型なので、自宅やオフィスからでも簡単に申し込み可能です。
2社間ファクタリングや3社間ファクタリング、医療債権ファクタリングなど、様々なニーズに対応したサービスを提供しています。

トラストゲートウェイのメリット

迅速な資金調達

  • 即時のキャッシュフロー改善:売掛金を現金化することで、企業のキャッシュフローを迅速に改善できます。通常の融資よりも早く資金が得られるため、急な資金需要にも対応可能です。

信用力の補完

  • 信用力が低い企業でも利用可能:銀行からの融資が難しい中小企業やスタートアップでも、売掛先の信用力が高ければファクタリングを利用できるため、資金調達の選択肢が広がります。

無担保での資金調達

  • 担保不要:不動産や設備を担保にする必要がないため、資産を保護しながら資金調達が可能です。

債権回収リスクの軽減

  • 債権管理のアウトソーシング:ファクタリング会社が売掛金の回収を代行するため、債権回収のリスクや手間を軽減できます。特に2社間ファクタリングでは、売掛先に知られることなく資金調達が可能です。

柔軟な対応

  • 多様なサービスオプション:トラストゲートウェイは、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなど、企業のニーズに合わせた柔軟なサービスを提供しています。

トラストゲートウェイのデメリット

手数料の負担

  • 高い手数料:ファクタリングサービスの手数料は融資に比べて高いことが多く、資金調達コストが増加します。手数料率は取引内容やリスクに応じて変動するため、事前に確認が必要です。

信用力への影響

  • 売掛先の信用調査:3社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングを利用していることが知られるため、企業の信用力に影響を与える可能性があります。

契約条件の制約

  • 契約の柔軟性の欠如:ファクタリング契約にはさまざまな条件や制約があり、これが企業の資金計画に影響を及ぼすことがあります。契約条件をよく理解し、自社にとって不利な条件がないか確認することが重要です。

売掛先の対応

  • 売掛先の理解が必要:3社間ファクタリングの場合、売掛先企業の理解と協力が必要となるため、取引関係に影響を与える可能性があります。特に売掛先がファクタリングに否定的な場合、利用が難しくなることがあります。

規模の制限

  • 大口取引への対応:ファクタリング会社の資金力やリスク管理の都合上、大口の売掛債権に対するファクタリングが難しい場合があります。特に大規模な売掛金がある場合、その一部しかファクタリングできないことがあります。

トラストゲートウェイのファクタリングサービスは、迅速な資金調達や無担保での資金調達が可能である一方、手数料が高いなどのデメリットも存在します。

企業の状況やニーズに応じて、メリットとデメリットを十分に理解し、適切な資金調達方法を選択することが重要です。

トラストゲートウェイ利用者に直接インタビュー!

こちらでは、トラストゲートウェイのファクタリングで実際に資金調達された方の感想を直接聞いてみました。

インタビュー対象者:田中健一様(仮名)
職業:中小企業経営者
業種:製造業

【インタビュー内容】

Q1:トラストゲートウェイのファクタリングサービスを利用し始めたきっかけを教えてください。

田中様:私たちの会社は、製造業を営んでおり、大口の取引先からの売掛金が多く発生します。しかし、売掛金の回収に時間がかかることが多く、急な資金需要に対応するためのキャッシュフロー改善が必要でした。銀行からの融資は手続きが煩雑で時間がかかるため、もっと迅速に資金を調達できる方法を探していたところ、トラストゲートウェイのファクタリングサービスに出会いました。

Q2:トラストゲートウェイのサービスを利用して、どのようなメリットを感じましたか?

田中様:まず、何よりも迅速な資金調達が可能になったことです。売掛金を現金化することで、即座にキャッシュフローが改善し、急な支払いにも対応できました。また、私たちのような中小企業でも、売掛先の信用力を利用して資金調達ができるため、銀行融資が難しい場合でも選択肢が広がりました。さらに、不動産や設備を担保にする必要がない点も大きなメリットでした。資産を保護しながら資金調達ができるのは非常に助かります。

Q3:トラストゲートウェイのファクタリングサービスを利用する際に、どのようなデメリットや課題を感じましたか?

田中様:デメリットとしては、手数料の高さが挙げられます。ファクタリングの手数料は、銀行融資と比較して高めですので、資金調達コストが増加することは避けられませんでした。また、3社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングを利用していることが知られるため、企業の信用力に影響を与える可能性がありました。幸い、私たちの取引先は理解がありましたが、この点は注意が必要です。

Q4:契約条件や売掛先の対応に関して、どのような経験がありましたか?

田中様:契約条件に関しては、柔軟性が欠ける場合がありました。特に初めての契約時には、条件をよく理解し、自社にとって不利な点がないか確認することが重要です。売掛先の対応に関しては、私たちの取引先が協力的だったため大きな問題はありませんでしたが、売掛先の理解と協力が得られない場合は、利用が難しくなることがあるかもしれません。

Q5:トラストゲートウェイのファクタリングサービスを総合的にどう評価しますか?

田中様:総合的には、トラストゲートウェイのファクタリングサービスは非常に役立つツールだと感じています。特に迅速な資金調達や無担保での資金調達が可能である点は大きな魅力です。手数料が高い点や契約条件の制約などデメリットもありますが、それを上回るメリットがあるため、私たちの企業には適していました。企業の状況やニーズに応じて、しっかりとメリットとデメリットを理解し、適切な資金調達方法を選択することが重要だと思います。

※あくまでも個人の感想であり、実際とは異なる場合があります。

まとめ

田中健一様の経験からもわかるように、トラストゲートウェイのファクタリングサービスは、迅速な資金調達や無担保での資金調達が可能である一方、手数料の高さや契約条件の制約といったデメリットも存在します。

企業の状況やニーズに応じて、メリットとデメリットを十分に理解し、適切な資金調達方法を選択することが重要ですね。

まずはお気軽にご相談下さい>>